TOEICのスコアは何点から履歴書に書ける?

TOEICは、合格や不合格ではなくスコア(点数)を基準として英語力を判断します。スコアは 10点~990 点まであり、大きく5つのレベル(ランク)に分けられています。

・レベルA:860点以上・・・Non-Nativeとして十分なコミュニケーション能力を持っている。
・レベルB:730~860点・・・どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている。
・レベルC:470~730点・・・日常生活のニーズを充足し、限定された範囲内では業務上のコミュ ニケーションができる。
・レベルD:220~470点・・・通常会話で最低限のコミュニケーションができる。
・レベルE:10~220点・・・単純な単語、会話を理解できる。

外資系企業や社内で英語を必要とする企業ではTOEICのスコアが就職・転職時に必要となります。

日本の大卒者の平均スコアは450点ぐらいと言われていますが、点数が低いのであればかえって悪印象となることがあります。ネイティブの平均スコアは900点台半ばとなっていますが、600点以上なら海外旅行の買い物やレストランのオーダーができるでしょう。

さらに、旅先でトラブルが生じてもある程度の対処が可能なレベルは750~850点と言われています。

外資系企業で会議や交渉などの業務をスムーズにこなす場合は一般的に900点以上のスコアが必要と言われています。

クラブ活動、勉強について

レッツスクールライフ。クラブ活動、勉強について。

ページトップ