TOEICで自信をつけよう

はじめに

今日、英語は世界で最もポピュラーな言語となっています。

身近な例としては、ビジネスにおけるグローバル化です。近年グローバル化を進める企業は増加傾向にあり、その最低条件として、英語におけるコミュニケーション能力を持つことが求められています。

またインターネットにおけるとした情報交換サイトやSNSでは、英語を中心とした情報のやりとりも増えてきています。

国籍、母国語が違う人同士でも、英語を用いることによってコミュニケーションがよりスムーズに取れるようになりつつあります。この先、英語によるコミュニケーション能力の需要は更に増えると見込まれています。

当サイトでは英語によるコミュニケーション能力を伸ばすきっかけとして、世界共通の英語能力基準であるTOEICに関するおすすめの情報を紹介します。英語をもっと身近なものとし、日常生活やビジネスライフをより豊かにしたいという方は、これを機会に英語を勉強してみませんか?

これからの世界において英語は心強い味方と言えるのではないでしょうか。

英会話やTOEICの勉強に使われるテキスト

英会話やTOEICの勉強で使われるテキストとは、それを見ながら自分で声に出すことで覚えていくためのものです。主に冊子形式で中には英文が書かれており、コラムなどの文章ではなく、人同士の会話の様子を中心に掲載されています。

それぞれ異なる状況での英会話が掲載されているので、どのような場面でどのようなフレーズが必要とされるのか学ぶことができます。英会話のテキストを自分で選ぶ際には、できるだけ自分の実力に合ったものを選んでください。

あまりにやさしすぎると会話力を成長させられませんし、難しすぎると勉強のペースが遅れたり意欲を失ってしまうこともあるからです。

英会話教室と留学

世界の共通語となりつつある英語を話せるようになれば、沢山の人とコミュニケーションをとることができます。

国際化が進む中、英会話ができる日本人は昔に比べると増えており、世界中で活躍している日本人も多いです。

英会話を習得するにはたくさんの方法があります。

例えば英会話教室に通って学ぶ方法や書籍や英会話教材を利用して学ぶ方法、留学するなどがありますので自分に合った方法を選びましょう。

英会話と翻訳

日本人の英語が外国人との英会話の中で通じない、自分では英語を話しているつもりでも相手の外国人から何度も聞き返される、という話をよく聞きます。

日本人英語やカタカナ英語と言われる英会話を直すには、どうしたらよいのでしょうか。

英語を話し、英語を聞き取る上で重要なことは英語の発音です。発音がしっかりしていないと、相手には伝わらないのです。

日本語の母音と英語の母音の発声場所が違ったり、日本語の音の数と英語の音の数は圧倒的に英語の方が多く、日本人は自分たちの知っている音で英語を理解しようとしてしまうため、日本語英語やカタカナ英語となってしまいます。

こうした英語の発音を身につけるためには、発音矯正が効果的です。

洋書や洋画は、国内向けに販売・提供される際に、和訳される事があります。 翻訳者のセンスが優れていれば、原著の意図や意味を正確に、あるいは創造的に和訳してくれるとされます。

ただし、なかには機械的な和訳をしてしまう人や、意図や意味を誤解したまま和訳してしまう翻訳家なども多いと言われ始めており、原文をそのまま読解した方が良いという意見が現れ始めました。

神戸の英会話スクールで、英単語や英文、その文法を学んでみるのも良いかもしれません。原文をそのまま読めること、洋画や洋書をストレートに読解できる事は、人生に楽しみを与える事があります。

また翻訳者の平均月謝や相場などの情報はネットで検索出来ると言われています。

クラブ活動、勉強について

レッツスクールライフ。クラブ活動、勉強について。

リモートアクセス、モバイルアクセスのソフト

http://www.mobile-access.biz/。モバイルのセキュリティー対策。リモートアクセスでの情報漏えい防止。

TOEIC WORLD TOEICテストについて。

TOEIC勉強法を伝授 大学入学、就職のためのTOEICテスト。

ページトップ